iPhoneで通話中に声が聞こえにくいと言われたときの対処法

iPhoneで通話をしているときに、自分の声が相手に伝わりにくい、もしくは相手の声が聞こえづらいという場面に遭遇したことはありますか?
通話がしにくいとそもそも電話として不便ですよね。原因と対処法を考えて、説明してまいります。

 

1.液晶フィルムがiPhoneのスピーカーを覆っていない?

 

液晶の保護フィルムをiPhoneのスピーカーの上にまで張ってしまっている場合には、当然スピーカーからの音が小さくなってしまいます。お互いに確認をしてみることをオススメします。

 

2.iPhoneの音量を上げてみる

 

初歩的なトラブルではありますが、音量の設定を小さくしたままの状態では当然相手の声も小さく聞こえます。
現在の通話に適した音量を設定することで、快適な音声通話ができます。

 

3.iPhoneのマイクがハウリングを起こしている

 

主にハンズフリー通話をしている際に起こる状況です。スピーカーから出た相手の声が反響して、再度マイクに入ってしまい、それらがハウリングを起こして相手の声が聞こえなくなる現象です。
解放型のヘッドセットでもこの現象は起こります。

 

この場合にはヘッドセットから漏れる声が原因となりますので、iPhoneの通話音量を下げることで解決される可能性があります。

 

4.iPhoneのBluetooth機能が悪さをしている

 

iPhoneとBluetooth機器を繋いでいる場合、例えばヘッドセットをBluetoothで接続している時には、iPhoneとヘッドセットの間に何かの機器があって、電波を妨害している可能性があります。
距離が離れすぎている可能性もありますので、一度iPhoneとヘッドセットを近づけて、正常に動作しているかどうかを確認をしましょう。

 

5.iPhoneのLightningコネクタが汚れている

 

Lightningコネクタにホコリなどが溜まって、ヘッドフォンを誤認識しているパターンです。
ヘッドフォンが接続されていないにも関わらず、iPhoneの画面にヘッドフォンと表示されている場合には、この原因が考えられます。
掃除方法は調べると見つけることができますが、iPhone修理店に持ち込んで相談をするのが最善と言えるでしょう。個人で掃除をして、もしも方法が誤っていたら故障の原因となります。
非常に敏感なコネクタですので、慎重に対処をしてください。

 

6.iPhoneの再起動をしてみる

 

アプリなどでメモリ過多状態が続くと、iPhone自体の調子が悪くなってしまいます。
この場合には、熱暴走などの可能性も含めて、iPhoneを再起動することで改善される可能性があります。
熱を冷まして再度試してみましょう。

 

 

まとめ

音声通話の音量に関して調子が悪い際には、初歩的かつ物理的な原因が多く考えられます。
すぐに改善されれば問題はありませんが、長く続くようであれば根本的な原因を探る必要があるでしょう。
iPhone修理店に持ち込んで相談をしてみることで、プロの手によるケアが期待出来ますので、困ったらお近くのiPhone修理店に行くことをオススメします。