iPhoneのホームボタンが効きにくくなったときの対処法

重要な機能を担っているiPhoneのホームボタン。
そのホームボタンが、反応が悪くなったり、押しても何も反応がなくなったりしたことはありませんか?
そんな緊急事態、まずは何をどうすればよいのでしょうか。
自分で取り組めることから試してみましょう。

 

iPhoneのアプリを立ち上げ過ぎている場合

 

iPhoneには、マルチタスクという、アプリを開いたままの状態にしておく機能があります。
パソコンだって、ソフトウェアをいくつも立ち上げていたら、反応が遅くなったり、時にはフリーズしてしまったりしますよね。
それと同じで、iPhoneもアプリの立ち上げ過ぎで、ホームボタンを押しても反応が遅くなったりすることがあるのです。

 

立ち上げすぎたアプリの終了方法

ホームボタンを2回押すと、マルチタスク画面になります。
ここに、今立ち上がったままのアプリが出ているわけです。
これらを上方向にスワイプすることで、終了させることができます。
必要なアプリ以外は、消してしまいましょう。
これで反応が良くなれば、iPhone修理店などに頼む必要もありません。
まず試してほしい方法です。

 

長く使っているiPhoneのホームボタンの反応が悪い場合

 

長い間使っていたiPhoneのホームボタンの効きが悪くなった。
そんな場合は、ボタンの接触不良が考えられます。

 

ホームボタンの清掃で改善する場合も

接触不良が疑われるときは、とりあえずホームボタン部分の掃除から始めましょう。
液体タイプのクリーナーよりも、クリーニングシートなどを使う方が安全です。
液体の場合ですと、ボタンの内部にまで浸透して基盤を痛める可能性があります。

 

 

これらの方法で変化がない場合は再起動

マルチタスクからアプリの終了、そしてホームボタンの清掃を行っても改善しない場合、iPhoneの再起動をしてみましょう。悪くなった動きを一旦立て直す効果があるので、あらゆる不具合に有効な手段です。

 

それでもなおホームボタンの調子が悪いときは……

これらの対処法をすべて試しても改善しない場合、ホームボタンそのものや、中のケーブルの故障が考えられます。
iPhone修理店に持ち込んで、プロの判断を仰ぐことをオススメします。くれぐれも自分でケースを開けたりはせず、iPhone修理店で見てもらいましょう。

 

 

 

プロに診断してもらって、もしも汚れが原因の場合にはクリーニングで治ることもあります。
ただし、ホームボタン自体もしくはその配線に原因があった場合には修理(パーツの交換)となります。
なるべく早いうちに診断をしてもらった方が、故障も軽くなる傾向にあるので、悩んだらまずは診てもらいましょう。