iPhoneのバッテリー交換を頼む目安は?

iPhoneを含むスマートフォンは、充電の頻度が高くバッテリー消耗も激しい傾向にあります。
では、どのようなタイミングでバッテリーを交換するのがベストなのでしょうか。
ここではバッテリー交換を頼む目安について、色々な状況から確認をしていきたいと思います。

 

iPhoneのバッテリーの減りが非常に早くなった場合

 

iPhoneのバッテリーはリチウム電池で出来ており、充電の回数に応じて徐々に劣化していきます。
劣化したバッテリーでは最大容量が減ってしまい、100%の充電が0%になるまでの時間が短くなってしまいます。
また、劣化した場合にはバッテリーが膨張してくるなどの変化もありますので、それらの変化が見られる場合にはバッテリー交換の時期が近いのかもしれません。

 

iPhoneのバッテリー能力が80%を切ったら交換の目安

 

iPhoneのバッテリーは、新品の性能と比べて80%以下に能力が衰えたときには、Appleのサポートの対象ともなり、また交換の目安ともなります。
同じ使い方をしているにも関わらず、充電の回数が明らかに増えた場合にはバッテリーの寿命の可能性もあります。

 

 

iPhoneからiOS診断をしてみよう

 

AppleサポートのiOS診断を使うことによって、バッテリーの異常を診断することができます。
バッテリー残量表示がおかしくなってしまった場合などにオススメです。
この診断をすると、バッテリーに異常が起こっていないか、バッテリーに故障が起きていないかを判別する事が可能です。

 

使用方法は、WEBブラウザを立ち上げてAppleサポートの”お問合せ”ページに入ります。
下部にスクロールをして、”Appleサポートの問い合わせる”項目の”こちらから”をタップします。
診断をしたいのはiPhoneですので、”iPhone”の製品ボタンを押してみましょう。

 

バッテリーに関する質問/トラブルシューティングがありますので、無料で診断をしたい場合には電話を選択します。

 

 

異常があったら修理店へ!

バッテリーの寿命に関しては、物理的な変化が出た場合には即刻使用を中止して、iPhone修理店などに持ち込んでバッテリーを確認してもらいましょう。
何回バッテリーを充電したか、前回に交換してからどれくらいの日時が経っているか、などの情報も確認してもらえます。
それらの情報を元に、プロの診断をもらってから、バッテリー交換が必要であればバッテリー交換をしましょう。

 

やはり困ったときにはiPhone修理店に持ち込んで確認をしてもらう方法が断然オススメです。
自己判断はせずに、プロが確認する事が一番の安心に繋がります。