いまさら聞けないiPhoneのバックアップ方法

iPhoneをバージョンアップしたい、機種変更したいなどなど、色々な状況でiPhoneのバックアップをしたいときがあるかと思います。
iPhone修理店に持ち込みをして、作業費用を支払ってのバックアップも一つの方法ですが、ここでは公式がサポートしている2つの方法を紹介します。

 

iTunesを使ってバックアップする方法

 

WindowsやMacOSでも使える、Apple製品に欠かせないアプリにiTunesがあります。
iTunesをパソコンにダウンロードして、パソコン上にiPhoneのデータをバックアップ→新しいiPhone上にデータを復旧……という形のバックアップ方法になります。

 

まず注意点として、iPhoneやiPadで購入(ダウンロード)されたアプリやミュージック、動画はこの方法ではバックアップできません。
バックアップするためには、iPhoneのアプリデータなどをiTunesに追加しなくてはなりません。
もちろん、パソコンが必要になりますので、パソコンを持っていない場合にこの方法は使用出来ません。

 

iTunesを利用してパソコンにデータを保存する前に設定が必要ですので、簡略に説明をします。

 

iTunes利用前の設定

1.iTunesを起動して、”編集”を選択
2.”設定”を選択
3.設定画面の”デバイス”を選択
4.”自動的に同期しない”にチェックを入れてOK

 

これでバックアップ前の設定が終わりました。

 

iTunesにバックアップをする

1.USBケーブルでiPhoneを接続する
2.概要の”今すぐバックアップ”を選択
3.バックアップが開始され、アップルマークが出現したら完了です。

 

新しいiPhoneにデータを復旧する

1.iTunesの”自動的に同期しない”チェックを確認
2.USBケーブルでiPhoneを接続
3.バックアップ欄の”バックアップを復元”を選択
4.日時を確認して”復元”を選択

 

 

iCloudでバックアップをする方法

 

wi-fi環境が必要であり、無料サービスの場合には5GBまでの容量制限のある方法です。

 

iCloudを起動する

1.iCloudへサインインをして”バックアップ”を押す
2.iCloudバックアップをONにする
3.確認画面でOKを押す
4.”今すぐバックアップを作成”を押す
5.バックアップの完了

 

iCloudからデータを復旧する

1.”iCloudバックアップから復元”を押す
2.AppleID、パスワードを入力して”次へ”を押す
3.復元するデータを選択
4.復元されるまで待つ

 

以上でiCloudでのデータ復元は終了です。

 

修理店でのバックアップサービスもあります!

このように、大きく2種類の方法でバックアップを取るのが主流ですが、iPhone修理店などでデータの保存サービスを行っている店舗もあります。
ご自分の利用環境に合わせて上手くバックアップを利用してください。