iPhone修理、正規店と非正規店はどこが違うの?

iPhone修理をするためには、まず、正規店か非正規店かを選ばなくてはなりません。
そのために、事前に何が違うのかを比較して知っておきたいところですね。
iPhone修理の正規店と非正規店とでは、一体どこが違うのでしょうか。

 

大きく分けて3つの違いがあります

 

実は、iPhone修理の正規店・非正規店の違いは、大きく3つにわけられます。

 

修理にかかる期間が違う

 

当然ですが、iPhoneを修理してもらうためには、iPhoneを一時的に預かってもらわなくてはなりません。
その期間に、正規店と非正規店とでは、かなり差があるのです。

 

非正規店は、壊れた当日に飛び込みでiPhone修理をお願いしても、即日受付、即日対応というところがほとんど。
修理時間も、他のお客様がいない場合、数時間とかかりません。

 

 

 

一方、正規店はというと、何と短くても一週間ほどもかかってしまうのです。
いつも混雑しているのが正規店の実情なので、仕方がありませんよね。
どうしてここまで差が出てしまうのでしょうか。

 

iPhone修理の方法が違う

 

実は、非正規店では、iPhone修理を頼んだ際、その壊れたパーツのみを修理する、いわゆる部分交換修理という方法が基本的に行われています。
そのため、iPhoneに入っていたデータも消えることなく、壊れた部分のみを直した状態で手元に戻ってくるのです。
バックアップも、iPhone内のデータ自体が壊れた状態でiPhone修理を持ち込んだのならばともかく、データが無事であればとる必要がありません。

 

ですが、正規店だと、iPhone修理は全体をまるまる取りかえてしまう、本体交換修理という方法を行うのです。
それでは時間がかかって当然ですし、iPhone内にあったデータが全て消えるのも当然のこと。
バックアップを忘れずにとっておかなければいけないのも、手間となってしまいますね。

 

修理費用が違う

 

保証に入っていて、その期間内であれば、iPhone修理にかかる費用は正規店の方が安い傾向にあります。
ですが、保証の期間外だったり、そもそも保証に加入していない場合は、非正規店の方が安くなることが多いです。
ただしここで注意しておきたいのが、あまりにも安くiPhone修理を請け負っている非正規店。
安いカラクリとして、質の悪いパーツを使っている可能性があるのです。

 

 

まとめ

 

以上を踏まえた上で、正規のiPhone修理店へ持ち込むか、非正規のiPhone修理店に頼むのかを選びましょう。

iPhoneが水没した時に守る事6選

色々なデータが入っているiPhoneが水に浸かってしまった!
誰しもがパニックになるそんな状況ですが、落ち着いてこれから書くことを守ってください。
絶対にしてはいけないことを含めて、これらを守りながらできるだけ早くiPhone修理を依頼することで復旧率はぐっと上がります。

 

電源を入れてはダメ!

 

水没した後に電源を入れると、基盤がショートして復旧がほとんど不可能になってしまいます。
濡れた手でコンセントを触ったときに感電するのと同じ原理でiPhoneが感電します。
そうなると基盤のあちこちが故障してしまうという訳です。
iPhoneの無事を確認したくて電源を入れたくなりますが、ここはグッとこらえてください。

 

iPhoneを揺すったり振ってはダメ!

 

中に入ってしまった水を振り出して、隙間から水を外に出そうとする方もいらっしゃいます。
しかし、一度中に入ってしまった場合には水を出そうとしても構造的に無理です。
浸透圧の関係もありますが、振ってしまうとますます基盤にダメージが入ってしまいます。

 

ドライヤーの温風で乾かしてはダメ!

 

水で濡れたならばドライヤーで乾かそう!と考える方も多いですが、相手は髪の毛ではありません。
iPhoneは精密機器なので熱に弱く、温風ドライヤーは厳禁です。ドライヤーの熱で基盤が変形したり、破損する原因ともなります。

 

入っている電源はすぐに切りましょう!

 

水没後もなお電源がついている場合、すぐに電源を切ってSIMカードも抜き、充電器からも外して、ダメージを最小限に抑える必要があります。
一度電源をOFFにしたiPhoneは絶対に電源をONにしないようにしてください。

 

タオルや吸水ペーパーで水分を吸いましょう!

 

内部にしみ込んだ水分を完全に除去できる訳ではありませんが、現状の浸水をそれ以上進めないためにも、拭き取れる範囲で水分を取り除きましょう。
とにかく時間との勝負です。タオルや紙で表面と隙間の部分を拭けるだけ拭いてください。

 

乾燥させましょう!

 

温風ドライヤーは絶対にダメと言いましたが、温風の熱が基盤にダメージを与えてしまうことが理由でした。
ドライヤーでも冷風であれば、基盤へのダメージは少ないです。
タオルなどで拭き取った後に、ドライヤーの冷風や送風で水分を飛ばしてあげることは効果的です。

 

 

これらのことを守った上で、一刻も早くiPhone修理店に持ち込んでください。
水没してから早ければ早い程、データの復旧率も高まると言われています。

 

リペア本舗 奈良店